よくあるご質問
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

カテゴリから探す

  • No : 4356
  • 公開日時 : 2023/05/08 08:30
  • 印刷

2023年5月8日に「2類感染症相当」から季節性インフルエンザなどと同じ「5類感染症」に新型コロナの感染症法上の位置付けが変更されましたが、自宅療養・宿泊療養した場合の入院保険金の支払はどのようになりますか。

回答

2023年5月8日以降に新型コロナウイルス感染症と診断され自宅療養・宿泊療養した場合は、重症化リスクの高い方であっても、入院保険金のお支払い対象とはなりません。
なお、2023年5月7日以前に新型コロナウイルス感染症と診断され自宅療養・宿泊療養された方につきましては、これまでどおり、入院保険金をお支払いいたします。
提出書類の詳細や支払対象期間については、以下のページをご確認ください。

 

新型コロナウイルス感染症による入院保険金のご請求について(医療機関に入院の場合、自宅療養・宿泊療養の場合)
 

※入院保険金のお支払いの対象となる入院日数などは、ご契約内容によって異なります。

お困りごとは解決しましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます